読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐーたら兼業主婦のメモ帳

ぐーたら兼業主婦です。好奇心旺盛だけど、とにかく飽きっぽいです。新しく色々と初めても続かないのが悩みです。そんなぐーたら主婦のメモ帳。

年始に読んでおきたい一冊:「最後までやりきる力」を身につけて充実した一年を!

読書

f:id:goyururito5:20161231132016j:image

あることを「やらなきゃ!」って思うけど、結局最後までやりきることができなかった。そんな経験誰しもあると思います。

早起きを習慣にしたいけど、三日坊主で終わったとか。禁煙したいけど、何度決意しても結局タバコを吸ってしまう。いろんなダイエット方法を試すものの毎回リバウンドしてしまう。。などなど。私も数え切れない程そういう経験あります(笑)。

そんな人に是非おすすめたいのが今日ご紹介するこちらの本です!

最後までやりきる力

by スティーヴ・レヴィンソン、クリス・クーパー

もくじ

まず初めに目次をご紹介!

  • 最後までやりきるのはなぜ難しいのか
  • 「もっとがんばる」をやめる
  • やりとげるための賢い戦略
  • 「最後までやりきる」を続ける

最後までやりきることができない理由からどのようにすればやりきる力を身につけ、それを続けることができるかが具体的な例と共に紹介されているとても読みやすい本です!

読書メモ 

「最後までやりきる力」を身につけるために重要なこと

  1. 決意は真剣に扱う
  2. 見える化する
  3. ステップを必要に応じて調整(やらなきゃならないことはハードル下げて、やるべきでないことはハードルを上げる)

その他ふむふむメモ

  • 本の中に以下のような一節があり、ホントそうなんだよね!!って納得。

しなければいけないとわかっていることから逃げれば、何度も繰り返し自分を責め、ついには自信や自尊心が傷つくことになる。そうなれば感情が毒される負のスパイラルに陥り、逃げ出すことが多くなって自責の念がさらに強まり、成功するのに必要なエネルギーと希望がますます浪費される。

  • 人間は、「やりたいと思える but 効果のないこと」ばかりに多くの時間を費やし、「効果があるとわかっている but やる気の起きないこと」を後回しにしがち。
  • この人間の性質を、やりきるための力向上に応用する。やるべきこと → 実行するのが簡単で、放置するのが難しいという状況を生み出せばOK
  • いつまでも先延ばしにするのをやめるには、実行するよりも「実行しないでいること」に感じる反発を強くする工夫をする。 

例を一つだけ紹介

すごく納得した例を一つだけ簡単にご紹介します!

  • 目標: 6:30に毎朝起きる
  • 方法: (1) 6:25に自分の部屋に目覚ましをセット。(2) 6:30に子供の部屋に目覚ましをセット。
  • 状況: 6:25にすぐ起きて子供の部屋の目覚ましを解除しないといけない状況(さもないと子供たちが起きてしまう、妻に怒られてしまうような状況)にすることで、6:25を定着させることができる。

  → 私もちょっと応用してこれと似たことをしたいなぁって思ってます。 

2017年がはじまったばかりの今だからこそ、読んでおきたい一冊です!!

本日ご紹介した本

ーーー